シモケンサイズに戻る

2017年05月13日

HONDA CBR250RRを納車するの巻・・

スポンサードリンク



CBR250RR
CBR250RRキターーーーーーーーーーーーーードコモポイント
2年待ったぞーーーーーーーーードコモポイント
コノヤローーーーーーーーードコモポイント
という事でCBR250RRを納車しましたドコモ提供

さっそく50キロほど走ってきましたけど
重要なのはRRに何を求めるかなんですよドコモ提供

1000ccや600ccのRRには単純に速さを求めて良いんだけど
250ccのRRでは話が別で・・ドコモ提供

CBR250RRと同じ価格帯には
カワサキのNinja650やヤマハのMT-07・・
スズキのSV650や同じホンダ内でもNC750がいるので
いくらRRと言えども250ccなので
単純に速さでは圧倒的に負けてしまう訳ですよドコモ提供

じゃあCBR250RRって何なんだよと・・
それは走りのクオリティですよドコモ提供

ホンダの最高の技術そのものに乗っているという感覚が
この250ccのRRにもあるんですよ!ドコモポイント

正直、乗り始めた時は・・
「また同じ感じの2気筒の250ccか」と思って
Ninja250に毛が生えたのがYZF-R25で
YZF-R25に毛が生えたのがCBR250RR・・ドコモ提供
と、頭の中で今までのバイクが
駆け巡っていましたが・・

CBR250RRのメーターパネル
走行モードをスポーツ+に替えた瞬間に豹変して
あの1000ccや600ccで味わったRRの鬼レスポンスが
このCBR250RRでも味わえたんですよドコモポイント

トルクというかパワーも上がったような感覚になって
スロットルを数ミリしか捻ってないのに加速するので
まるで排気量が400cc以上あるような感覚を味わえるんですよドコモポイント

自分の中の250ccのバイクの面白さのラインを
CBR250RRに越えられましたわ・・ドコモ提供

でもね・・ニュートラルで空ふかししても
RRのあのヒュンヒュン!って感じではなく
普通のもっさりした回り方なんですよ・・面白いでしょドコモ提供

フライバイワイヤにした事で
Ninja250やYZF-R25に対して
大きく差別化出来たように思えますねドコモポイント

CBR250RRリアベルト
写真でも写ってましたがリアシートのびろ〜んと伸びた
ベルトが気になったでしょ?ドコモポイント

よく考えられているもんで
シートにベルトが固定されていないので
こんな感じで収納出来るようになっているんですよドコモポイント

CBR250RRリアシート
こんな感じになりました・・
これは素晴らしい構造ですねドコモポイント

CBR250RR車載工具
車載工具がなぜかマトリョーシカみたいになっていたので
開発した人の中にロシア人がいるのかなドコモポイント

CBR250RRトップブリッジ
RRなのにショックの減衰力が固定式なんですよ・・
これが一番怖かったんですよ・・ドコモ提供

だってサーキット用にセッティングされていたら
街中は地獄ですよ・・ドコモ提供

でもね・・めっちゃ乗り心地良いんですよ!ドコモポイント
しかもブレーキングでフロントが沈み過ぎないし・・

CBR250R・Ninja250・YZF-R25・GSX250Rって
インプレッションでも書きましたが
大体同じ感じのサスペンションなんですが
CBR250RRはそれらより頭2個分くらい飛び抜けてますわドコモポイント

CBR250RRリアビュー
足つき性もGSX250Rと同じくらいなので
正直あまり良くはないんですけど
ステップが後にオフセットされていて
自然と足を下ろせるので苦痛じゃないんですよドコモポイント

前傾姿勢も思ったよりも緩いので
結局、250ccで一番前傾姿勢がきついのは
Ninja250SLで決まりのようですねドコモポイント

RRって事でかなり身構えて乗りましたが
とにかく想像以上に快適でビックリしましたドコモ提供

CBR600RRで淡路島を一周した時は
二度とSSのバイクでツーリングなんかするかボケ!ドコモポイント
と思いましたが
CBR250RRならアリかもしれませんねドコモ提供

詳しいインプレはそのうちCBR250RRの専用ページにでも載せますわ・・ドコモ提供




シモケンサイズに戻る
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
車種
過去ログ
Powered by さくらのブログ