シモケンサイズに戻る

2017年11月27日

GSX250Rのエアロダイナミクスを考えるの巻

スポンサードリンク



GSX250Rウイング
サーキットで勝つためにGSX250R用の
ウイング構造を持ったダクトを作ってみましたドコモポイント

そういうと聞こえは良いけど
実は立ちゴケ用のバンパーでありますドコモ提供

車体は守りたいけどフルカウルのマシンに
ダサいバンパーやスライダーは付けたくない・・ドコモ提供

そんな場合にはこのウイング構造を持った
ダクトバンパーですよドコモポイント

見た目の迫力ではGSX1300Rをある意味、越えてますよドコモポイント

どうみたってエアロパーツなので
1回転けるとたぶん粉々になりますが
立ちゴケ程度なら1回だけ助けてくれると思いますドコモポイント
たぶんね・・

ただ、思いのほか車体からの飛び出しが大きかった事と
そこそこのダウンフォースが発生してしまうので

そもそも250ccとしては重いGSX250Rの切り返しが
さらに重くなるといった事が起きましたドコモポイント

GSX250R
なので飛び出しが小さいバージョンも作ってみましたよドコモポイント

このさりげなくダウンフォースを発生させている所は
ストリートを走るにはちょうど良い感じですね〜ドコモポイント

まだ買い込んだ樹脂素材が余っているので
次回はもっと実用的にですね・・ドコモ提供

手に風が当たらないようにする
エアロパーツを作ってみたいと思いますドコモポイント

ウイングダクトの詳細は
GSX250Rの専用ページにて掲載中ですドコモポイント




シモケンサイズに戻る
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ