シモケンサイズに戻る

2015年01月19日

250ccクラス 0-100km加速の比較

0-90_performance.jpg
計測方法を改め、以前より精度を高めて
YZF-R25の0-100km加速を計測しましたドコモポイント
ちなみに縦が時間(秒)で横が速度
グラフの数字の単位は秒ですよドコモポイント

250ccクラスのバイクの線が重なり合って
よく分かりませんねドコモ提供
125ccが時速70kmあたりから急激に加速が鈍るのと
250ccが一般的な自動車より速い事は分かりますねドコモポイント

元々、ホンダのグロムと
スズキのアドレス125の加速力を
比較する企画だったので
自動変速機とMTとの差を無くす為に
MT車は、2000回転以下からクラッチを繋げるという
レギュレーションが適用されたデータですよドコモポイント

0-90_performance2.jpg
250ccのバイクにスポットを当てて
拡大してみましたドコモポイント
計測精度が高まったおかげで
見事に単気筒、並列2気筒
V型2気筒のエンジン特性が出てますねドコモポイント

時速70kmまでは圧倒的に短気筒エンジンの
CBR250Rが速いですねドコモポイント
それからの加速が鈍っているのは
2速9500回転を越えると急激に加速が鈍るからですドコモ提供
単気筒エンジンならではの特性ですねドコモ提供
試しに早めの9500回転でのシフトチェンジで
タイム計測をしてみると、レッドゾーンまで
引っ張った時と、ほとんど同じタイムでしたドコモ提供

YZF-R25は、高回転を維持出来る
2速から凄まじく、他の250ccを圧倒してますねドコモ提供
ただ、2速レッドゾーンで時速98kmなので
3速に入れないと時速100kmまで出ないので
90-100kmの区間で加速が鈍ってますねドコモ提供
グラフでは出だしからVTRより速いですが
高回転域での加速で巻き返しているので
実際には、出だしはVTRの方が速いですよ

VTR250は、出だしからレッドゾーンまで
全域でフラットな加速をするので
安定した線ですねドコモポイント

Ninja250は、2速のレッドゾーン付近の
時速90km地点で、CBR250RやVTR250と
横並びになりますが
3速に入れてからの加速も落ちないので
そこからCBR250RやVTR250を引き離せますドコモポイント
0-90km加速だとNinja250の良いところを
見せられないですねドコモ提供

yzf-r25-2015-01-19.jpg
山の氷が溶けるまで、ツーリングに行かずに
家にあるバイクでこういう比較や
計測ばかりやっているので
なかなかタイヤの端が減らず
今だにタイヤの線が消えませんねドコモ提供




シモケンサイズに戻る
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ