シモケンサイズに戻る

2017年12月27日

CRF250RALLYの軽量化・・バッテリーの小型化

スポンサードリンク



CRF250RALLY夜ツーリング
今日はCRF250ラリーで
真夜中のプチツーリングをしていますドコモ提供

満天の星空と京都の街を見下ろす事が出来る
この丘がオキニーな場所ですドコモ提供

寒くないと言えばウソになりますが
普通のオフ車で走るより数十倍マシだと思えば楽しく思えますドコモ提供

舗装道路を走っている時のオフロード車の良い所は
夜で路面の状況がわかりずらい状況でも

路面のギャップをサスペンションで完全に吸収出来るので
車体が跳ねる事がなく

いちいち路面に注意しながら走らなくても
普通にぶっ飛ばせる所が気持ち良いんですが・・ドコモ提供

これだけ寒くなると
雨が降っていないのにも関わらず
霜で路面が急に濡れていたりするので・・ドコモ提供

ぶっ飛ばすと下手すりゃ死にますよドコモポイント

わざとかってくらいにコーナーの手前が
濡れてたりしますからね・・ドコモポイント

大抵がフロントブレーキの握りすぎでタイヤをロックさせて
転けるパターンが多いと思うので

焦った時ほどフロントブレーキのさじ加減に
脳みその全処理能力の大半を使う事が大事だと思いますドコモ提供

CRF250RALLYバッテリー軽量化
これはバッテリーを底上げするスペーサーを
色々模索している最中の写真ですが・・ドコモ提供

今回はバッテリーの小型化を行ったという事で
ローダウン仕様のCRF250ラリーの車重は154Kgですが

今までの軽量化の積み重ねにより
合計で約148Kgまで落としましたドコモポイント

ベースのCRF250Lの重量が144Kgなので
あと4Kg軽量化すれば
普通のオフロードと同じ重量になりますねドコモポイント

細かい事を言うとしたら
CRF250ラリーの方が燃料タンクの容量が2Lほど大きいので
実質あと2Kgくらいでしょうか・・ドコモ提供

でもね・・ドコモ提供
がんばって軽量化してCRF250Lに追いついたとしても

250ccのオフロード車の平均的な重量は130Kg代なので
そもそもベースのCRF250Lは重い!ドコモポイント

って話なんですけどね・・ドコモ提供

でもあれよ・・
CRF250シリーズはただ重いだけじゃないのよ・・ドコモ提供

高速走行してもハンドルや車体がブルブルしないので
安心して高速道路を走れる数少ないオフ車なんですよドコモポイント

バッテリーの小型化に関する詳細は
CRF250RALLYの専用ページにて掲載していますドコモポイント




シモケンサイズに戻る
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ