シモケンサイズに戻る

2017年08月30日

バイクのグリップの特性について・・

スポンサードリンク



PROGRIP
デイトナの耐震ゲル素材のグリップを3つ用意しましたドコモ提供

デザインだけでなく硬さや太さがそれぞれ違っていて
グリップ単品を持って握った時の硬さの順だと
右・左・真ん中になりましたドコモ提供

所がですね・・実際に車体に取り付けて
グリップの硬い印象の順に並べると
真ん中、右、左なんですよドコモ提供

不思議でしょドコモ提供

でもその理由は簡単で
実際に取りつけた時に硬く感じるグリップは
厚みがない細いグリップなんですよドコモポイント

つまり、素材自体の硬さよりも厚みの方が
硬さの印象に大きく影響する事が分かりますドコモポイント

グリップの肉厚が薄いとハンドルバーの硬さが
手に伝わってくるので硬い印象になるんですねドコモ提供

それでも一応、耐震ゲル素材のグリップなので
硬い印象のグリップでも
純正のグリップと比べると柔らかいですよドコモポイント

それぞれ個人の手の大きさや
装着するグローブの厚みによっても
ベストなグリップの太さは変わってくるのですが
基本的に太いグリップの方が手に優しいというか
運転していても楽に思えますねドコモポイント

CBR250RRとGSX250RとGIXXERのグリップを交換したので
興味のある方はそれぞれのコーナーにて
グリップの交換作業の詳細を掲載中ですドコモポイント




シモケンサイズに戻る
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ