シモケンサイズに戻る

2019年03月25日

マット塗装についてのお話・・


CBR650RとCBR250RR
昨今のバイク業界では
マット塗装がちょっとしたブームですよねドコモポイント

マット塗装は珍しい事もあって一見
ちょっと格好良いんじゃないかと思ってしまいますドコモポイント

でも、それなのにどうして4輪の自動車には
ほとんど採用されていないのか・・ドコモ提供

その理由は実際にマット塗装の車両を
数年使った事でよく分かりましたよドコモ提供

やっぱり表面がザラザラしている事での
汚れの落としづらさやドコモ提供

コンパウンドが使えないので
小傷の修復すらも簡単にはできない事が
最大の要因じゃないかと思いますドコモ提供

マット塗装の車両はお店やショーで展示している時には
見映えが良いかもしれませんがドコモ提供

普段使いに使うバイクに適した塗装だとは
とても思えないのですドコモポイント

ヘルメットでも最近はマット塗装が増えたので
キズや汚れには要注意ですねドコモ提供

そんな事より養生テープが気になるって?ドコモポイント

実はこれがマット塗装を長持ちさせる
ちょっとしたワザなんですよドコモポイント

バイクのマット塗装にとっての大敵は
なんと言ってもバイクカバーなんですよドコモポイント

バイクカバーに風が当たって揺れると
カウルの突出した部分がバイクカバーと擦れてしまいドコモ提供

それが数年経つとザラザラだった塗装面が
ツルツルになってただのメタリック塗装になるのですドコモポイント

バイク全体がツルツルなら良いのですが
一部だけツルツルなのは嫌ですよねドコモポイント

CBR250RR
車種によってはシートカウルの所も飛び出しているので
バイクカバーを掛ける場合は貼っておいた方が良いですねドコモポイント

養生テープも出来るだけ粘着力を弱くする為に
一端、自分の服に貼り付けてから
車両に貼っていますドコモポイント

そういう理由からマット塗装は嫌いなのですが
黒系のカラーが好きなので
マット塗装を選ばざるを得ない状況になっている車種がありますドコモ提供

なのでバイクメーカーに言いたいのは
マット塗装は特別仕様のカラーにしてドコモ提供

別途、普通のブラック塗装のを用意して欲しいものですねドコモ提供




シモケンサイズに戻る
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ