シモケンサイズに戻る

2018年11月30日

ホイールバランサーを買うの巻・・


バイク用ホイールバランサー
ついにホイールバランサーを買ってしまいましたドコモ提供

ベアリングを交換して高性能なホイールバランサーに
改造するつもりなので

水平が取れる出来るだけ安いホイールバランサー
アマゾンで買いましたドコモポイント

とりあずノーマルの状態を確かめる為に
シャフトを回して確認してみますドコモ提供

うむうむ・・こんなもんですねドコモ提供

スケートボードベアリング
前から試してみたかった
スケートボード用のベアリングを使ってみますよドコモポイント

ABEC11が8個で1000円ちょいで売られている
いかにも性能が疑わしいベアリングですよドコモ提供

ホイールバランサー改造
ベアリングを取り替えてシャフトを回してみましたドコモポイント

ん〜微妙というか
そもそもベアリング自体を回してみても
あまりスムーズには回りませんよドコモ提供

私の感覚ではABEC5って感じでしょうかドコモ提供

ムラサキスポーツの店員が推していた
REDSのベアリングは価格以上の性能があったけど

基本的にベアリングの性能はABECの数字ではなく
値段で決まると思いますドコモ提供

スケートボード工具
安物のABEC11がやっぱりクソだったので
スケートボード専用の工具箱で眠っていた

スケーターには定番のNinjaの
スーパー雷神を使ってみますよドコモポイント

とりあえずNinjaのベアリングを使っておけば
間違い無いってくらいに信頼性の高いベアリングですドコモポイント

ちなみに本家のスケートボードには
スーパーラインジンよりもさらに上回る
日本精機(NSK)のベアリングを使っていますよドコモポイント

滑りすぎて路面がアイスバーンに変わりますドコモポイント

ホイールバランサーの改良
せっかくなのでM8のキャップボルトを
ステンレス製に変えて25ミリに延長させる事により

スケートボード1台分の8個のベアリングを
付けられるようにしましたドコモポイント

必ずベアリングの両端にはワッシャーを入れて
壁に干渉しないようにする事とドコモ提供

8個のベアリングを確実にシャフトに接地させる為に
ボルトの締め付け具合をグラグラ状態にしていますドコモポイント

これでシャフトを回してみると
こっちが思っている以上に回転が継続してくれるというか

シャフトを回しているだけでちょっと面白いですわドコモポイント

ほ乳類の秘めたる本能を刺激してくるというか
ハムスターみたいに無性に回してしまいますわドコモポイント

ハンドスピナーをやっている人の
気持ちがちょっとだけ分かる気がしましたドコモポイント

これで安物のホイールバランサーが
高性能なバランサーに変わりましたドコモポイント

ベアリングの価格がホイールバランサー本体の価格と
あまり変わらないので当然と言えば当然なんですけどねドコモ提供

wheel_balancer-20181130-06.jpg
ちなみに身の回りの608サイズのベアリングの物は
スケボー用の高性能なベアリングが使えるので

かつて流行したこのローラーシューズや
最近流行ったハンドスピナーの
ベアリングを変えてあげると

とんでもなく回りがよくなるので
数倍面白くなりますよドコモポイント

ローラーシューズの改造
ただね・・ローラーシューズの滑りが
めちゃくちゃ良くなるとどうなるか分かりますか?ドコモ提供

路面にタイヤだけを接地させた瞬間に
ツルンって足だけ前に進んでドコモ提供

後頭部を地面に強打して下手すりゃ死にますよ!ドコモポイント

自転車用のヘルメットを必ず着用した方が良いですよドコモポイント

例えば、初めてスケートボードを始める時に
大人の資金力で3万円前後のプロ仕様の
スケートボードを作ったとしましょうよドコモ提供

足をスケートボードに乗せた瞬間
スケートボードだけが前に飛んでいきますよドコモ提供

そのくらい素人に対しては
高性能なベアリングを使う事は危険なんですドコモポイント

話が逸れましたが・・ドコモ提供

ホイールバランサーには高性能ベアリングを使っても
むしろ良い事しかないですよドコモポイント

   





シモケンサイズに戻る
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ