シモケンサイズに戻る

2018年11月12日

JF81 PCXのクラッチスプリングの選定


JF81型PCXクラッチスプリング
夜中にPCXで走っても誰にも気付かれない
ステルスPCXを作るべくドコモ提供

今回はクラッチスプリングですドコモポイント

マフラーの排気音は純正マフラーより静かになりましたが
狭い路地を時速30Km/hで走った時に
出来るだけ低い回転数で走たい訳ですがドコモ提供

ウェイトローラーの影響も及ばない低い回転領域なので
もうクラッチスプリングを柔らかくするしかない訳ですよドコモ提供

強化クラッチスプリングは売っているけど
純正より柔らかいスプリングはなかなか売っていないのでドコモ提供

シルバーウイング600から原付までの様々な
クラッチスプリングを取り寄せて
PCXの純正より柔らかいクラッチスプリングを一生懸命捜しましたドコモ提供

そしたらね・・ドコモ提供

見つかりましたよドコモ提供

クラッチスプリングを弱くすると
アクセルを回してから実際に進み出すまでの
タイムラグが少なくなるのでドコモ提供

MTに慣れている人にはこっちの方が
好まれるのではないかと思うのですがドコモ提供

低い回転数から進みだすので
トルクによる直進安定性が得られにくく

発進時にフラつきやすくなるという
デメリットもありますけどねドコモポイント

ヤマハのスクーター(特にシグナス)に乗っていた人が
ホンダのスクーターに乗り換えるとドコモ提供

発進時にフラつくとかいう人がいるのはこの為ですねドコモ提供

まあ普通二輪免許を取れる技能があれば
全く問題ないレベルなんですけどねドコモポイント

JF81型PCXクラッチ
さらにホームセンターに売っているスプリングも
使えそうなのを試してみましたよドコモポイント

クラッチ用に売られている物よりも
かなり柔らかい物も手に入るので試してみたらドコモ提供

アイドリングの回転数ですでに半クラッチ状態になって
時速6Km/hまで進みましたよドコモポイント

自動車のATのクリープ現象のような感じで
信号待ちではブレーキを掛けていると問題ないのですがドコモ提供

クラッチがずーっとアウターを削っていると思ったら
あまり気分の良いものじゃないですよねドコモポイント

でも、強化スプリングを入れて
4000回転以上で半クラ状態になるよりもドコモ提供

もしかしたらこっちの方がクラッチにはやさしいのかも
しれませんけどねドコモポイント

アクセルを捻ってからの発進するまでの
タイムラグはゼロになるので
同社のDCTみたいな加速が出来るのは良いんですけどドコモポイント

ただ、重すぎて足でバックが出来なくなりますドコモポイント

JF81PCXの実燃費
今の所ベストだと思われる
2300回転あたりで進み出すクラッチスプリングを使って
燃費のテストを行いましたよドコモポイント

ガソリンを満タンに入れて
市街地から2つ山を越えて再び市街地に戻ってきましたドコモ提供

64.4Km走ってきて再び満タンまで給油した所
1リッターあたり約58.1Km走りましたよドコモポイント

メーターのAVGでは58.3Kmを記録しましたドコモポイント

これは同社のディオ110の定地走行燃費よりも高く
ほぼ50ccクラスのWMTCモード値に匹敵しますドコモポイント

発進時だけ5000回転以上は回らないように
加速するだけで特に燃費走行はしておらずドコモ提供

山道では前を走っていたクルマに追いついたほどだったので
そこそこ高い速度領域で走りましたよドコモポイント

アイドリング状態で停車していると
AVGの数値がグングン減っていくので
市街地ではアイドリングストップ機構を使うのは必須ですねドコモポイント

ちなみにこのセッティングでも
ヤマハのNMAXより0-100Km/h加速では1秒ほど速いですよドコモポイント

駆動系全体を軽量化する事により
高回転領域でもNMAXに引き離されないようにしましたドコモポイント

クラッチスプリングの効果は発進時だけなので
信号に引っかかった時には効果を発揮しますがドコモ提供

巡行時は主に社外品プーリーによる
幅の広いギア比の効果で
低い回転数で高い速度が出せる影響が大きいですねドコモポイント

クラッチスプリング等の詳細は
近いうちにPCXの専用ページにて掲載したいと思いますドコモポイント




シモケンサイズに戻る
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ