シモケンサイズに戻る

2018年11月05日

MC52 CB250Rのスタイリングが完成するの巻・・


CB250Rカスタム
台風の影響だかなんだかで
8月に注文したCB250R用のフェンダーレスキットが
先日届いた・・がく〜(落胆した顔)

スイングアームに取り付けるタイプの
マッドガードは既に持っていたけど
純正の大きなリアフェンダーが付いた状態で
付けても意味がないドコモポイント

フェンダーレスの短いお尻に
2本出しのマフラー、マッドガード・・ドコモ提供

これでこそフラッグシップモデルのCB1000Rを受け継ぐ
新しいCBシリーズのスタイルだと思うのですドコモ提供

残念な事に性能や価格的に一番お買い得な250ccのCB250Rが
3兄弟の中でエンジンも見た目も
一番オーソドックスだった訳ですが・・ドコモ提供

これで納車する前にイメージしていた
理想的なCB250Rになったのではないでしょうかドコモポイント

何よりもショックだったのは未だにタイヤに
新車の時の線が入っている事ですよがく〜(落胆した顔)

思えばCB250Rは納車してきてから製作に没頭しすぎて
試験走行ばかりで

近所の山にプチツーリングすら
行ってませんでしたがく〜(落胆した顔)

CB1000R
♪パワーが有り過ぎ長男・・ドコモ提供
♪価格が高すぎ三男・・ドコモ提供
♪見た目が普通の次男・・ドコモ提供
♪CB三兄弟ドコモポイント

CBシリーズの悪口しか言っていないように思えますが
だんご3兄弟が発売された年に生まれた子たちは19歳ですよドコモ提供

CB1000RはデチューンしたCB1000RRのエンジンを積んでいるけど
デチューンしたと言っても
3年前のパワーを抑えていたCBR1000RRよりも出力が高いドコモ提供

でもTCSの効き具合を調整出来るので
安心してアクセルを開けられるドコモポイント

しかし、他の人の想像を越えた加速力なので
当たり前のように目の前に飛び出て
走行を防いでくるのでドコモ提供

公道での全開加速は止めた方がいいドコモ提供

個人的な感覚としては
公道でバイクは50PSあれば十分で・・ドコモ提供

100PSでは・・安全にアクセルを全開に出来る限界ドコモ提供

150PSでは・・凶悪すぎる加速ドコモ提供

200PSは、もはやワープしていて時間の流れが遅くなるドコモ提供

という印象なので
今回のCB1000Rは凶悪な加速に分類されますドコモ提供

と言うことで・・ドコモ提供

今年のベストオブバイクはCB250Rに決定!ドコモポイント

ちなみに去年はスズキのジクサーですよ・・
なんて庶民的ドコモポイント

ていうか、価格が高くて良いのは当たり前で
安くて優れた製品が選ばれるべきなのですドコモポイント

言うてもRJCカーオブザイヤーの1000分の1くらいの
影響力しかないと言われている
ここだけの個人的な賞ですが・・ドコモ提供

2018年で最も優れたバイクはCB250Rだと思いますドコモポイント

頭の中で理想のバイクを想像してみると・・ドコモ提供

軽くて、足つき性が良くて、シート幅が広くて
オフロード車のような乗り心地の良いサスペンションで
見た目が普通のバイクなんですドコモポイント

CB250Rはほぼそれなんですドコモポイント

しかもオールLEDの先進の装備で
価格も他の250ccと比べてリーズナブルドコモポイント

小さい排気量のクラスでも
シートが小さくてお尻の痛くなるバイクは
これからは受け入れられないよ・・ドコモ提供

そういうのを象徴しているようにも思えて
もう苦しんでバイクに乗る時代じゃないと思いますドコモ提供

ハンドルの位置が高くて楽な姿勢で乗るバイクが
支流になった昨今ですがドコモ提供

これからはそれにプラス幅の広いシートが
トレンドになるんじゃないかと思いますドコモポイント

そう考えればスズキのGSR250シリーズは
時代を先取っていたようにも思えますがドコモポイント

なんせ見た目がアレだったので
いわゆる「乗って良いバイク」の典型だった訳ですが・・ドコモ提供

見た目も良くて
乗っても快適なバイクが増えて欲しいものですよドコモ提供

という事で長くなりましたが・・
CB250Rのフェンダーレスとかの詳細は
近いうちにCB250Rの専用ページに掲載したいと思いますドコモポイント




シモケンサイズに戻る
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ