シモケンサイズに戻る

2018年11月02日

JF81型PCX ドライブフェイスの選定・・


JF81PCX駆動系
今日はPCXの駆動系を触っていますドコモ提供

とりあえず最速セッティングのデータ取りが終わったので
次は燃費を考慮したセッティングに移行しますドコモポイント

正直、通勤や通学に使うスクーターに
速さだけを求めて駆動系をセッティングするのは

まともに学校に通っていない高校生レベルというか
インテリジェントじゃないですよねドコモ提供

大人がやるスクーターのチューニングは
速さと燃費を両立する
旨みだけを抽出したチューンだと思う訳ですよドコモポイント

ノーマルの状態を基準に
アクセルを全開にすると明らかに速くドコモ提供

アクセルを緩めて走ると高い燃費性能を発揮出来るドコモポイント

これが理想的なスクーターのチューンだと思うので

それを達成するには
CVTのギア比の幅を広げる事が重要ですドコモ提供

つまり、ドライブフェイス&プーリーを適切な物に
交換する必要がありますドコモポイント

JF81型の物はまだほとんど種類がないので
先代のJF56型のプーリーを色々テストしていたら・・ドコモ提供

ついに見つけましたよ!ドコモポイント
JF81型でも使えるプーリーを!ドコモポイント

PCXプーリーテスト
これは某メーカーのドライブフェイス&プーリーを
使った時のデータですがドコモ提供

時速89Km/hで回転数が9500回転ですよ・・
どんだけローギヤードなんだよって話ですよドコモポイント

これだとギア比全体が軽くなる方向に移動しただけで
ギア比の幅自体は広がっていないんですドコモ提供

JF56型のパーツを使うと時にこういう事が起きますドコモ提供

JF81PCX走行テスト
それならプーリーボスを短い物に変えて
出来るだけハイギヤード化させてみようと思いドコモ提供

先ほどと同じプーリーに
JF56型のプーリーボスを使った時のデータですドコモポイント

同じ回転数の時に時速が約10Km/hほど伸びましたが
それでもまだローギヤードですよねドコモポイント

このようなテストを繰り返し
ボツになったアイテムは在庫行きですがドコモ提供

PCXのページにはちゃんと使える物しか載せていないので
安心してくださいドコモポイント

いいものだけをあなたにドコモポイント

ドライブフェイスの情報はPCXの専用ページにて
近いうちに掲載したいと思いますドコモポイント




シモケンサイズに戻る
<< 2018年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ