シモケンサイズに戻る

2018年06月25日

バイクの地震対策について・・


CBR250RR
大阪で震度6の地震が起きましたドコモ提供

当然、ここは大阪の中でも
品のある人々が沢山住んでいると言われている
大阪の北部なので震度6弱ですよドコモ提供

私には地震に対する自信があったので
激しい揺れの中で

慌てることなく冷静に
防犯カメラの映像をモニタリングして
バイクの様子を確認していましたドコモ提供

家が倒壊する事さえなければ
部屋の中はやりすぎなくらい地震対策を
行っているので全く問題ないのですがドコモ提供

そう・・もっとも手薄というか
地震対策のしようがない唯一の物は
バイクなんですよドコモ提供

しかし結果的には全車両とも全くの無傷でしたドコモポイント

CB250R
特に対策という対策は行ってはいませんでしたが
サイドスタンドが砂利に埋もれないように
1ミリ厚ほどのステンレス板を敷いていましたドコモ提供

どうも地面が砂利だった事が良かったみたいで
バイクが揺れると砂利にタイヤが埋もれて
より安定する方向に向かったり

砂利が動いて揺れを吸収してくれるようですねドコモポイント

普段は地面が砂利だと車体を手で押すのに重くなったり
タイヤが砂利を巻き上げたりで
ろくな事はないんですけどね・・ドコモ提供

CBR250RR
んで、今まで所有してきたバイクの中で
駐輪している時にもっとも倒れやすいと
思っていたのがCBR250RRですよドコモ提供

オーナーの方はすぐにピンと来るかと思いますが
CBR250RRはサイドスタンドを立てている時の
車体が寝ている角度がかなり浅いんですよドコモ提供

写真を撮るときには車体がサイドスタンド側に
あまり傾いていないので撮りやすいのですが
その分、安定性には欠けるのですドコモ提供

なのでCBR250RRのスタンドの所だけは
砂利を少し掘って低くして

車体を一般的なバイクと同じように
しっかり傾くようにしていましたドコモポイント

逆にCRF250ラリーなんかでは
車体が傾き過ぎているので

その分、横幅をとってしまい邪魔なので
スタンドの所の砂利を底上げしていましたドコモ提供

ホンダのディーラーに寄ったときに
地震の被害報告を確認すると

なんと唯一、お店の展示車の中で倒れたのが
CBR250RRだったようで
サイドスタンドとは反対側に倒れたみたいですがく〜(落胆した顔)

やっぱりCBR250RRかい!ドコモポイント
って思いました。

ちなみにCBR250RRを倒してしまうと
ミドルカウルとシートカウルだけでも
おおよそ4万円ほど掛かりますよドコモ提供

PCX
あと、お客さんの中でバイクが倒れたのは
全てセンタースタンドを使って
駐輪していた車両だったようですドコモ提供

一見、サイドスタンドよりセンタースタンドの方が
安定してそうに見えますがドコモ提供

バイクの重心が上がったり
傾きが無いのでバイクの重心が
車体の中心になる事で
左右の揺れに対しては弱いみたいですねドコモ提供

125ccクラスなんかでは車体が軽いので
後ろから押すと簡単に前に行きますからねドコモ提供

という事でバイクの唯一の地震対策は・・ドコモ提供

サイドスタンドを使って駐輪・・ドコモ提供
当然ですがハンドルは左に切る事ですね。

駐輪している時の角度が浅いバイクは
タイヤの下にゴムの板など
適当な物を敷いて車体を少し高くするか

サイドスタンドの位置を少し低くして
角度を付ける事ですねドコモポイント




シモケンサイズに戻る
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ