シモケンサイズに戻る

2018年04月23日

GSX-S125のボリューム感とバランス


GSX-S125
今日はGSX-S125のネタですドコモ提供

ほぼほぼ通勤専用車両になっていたので
一番乗っているバイクなんですが
スクリーンをバージョンアップさせましたドコモ提供

以前のZ125用スクリーンよりも面積が大きいので
風防効果が大きいのと形状的にも
GSX-S125のビジュアルに合っているんじゃないでしょうかドコモ提供

シュラウドの張り出し感がオフ車みないな事もあってか
ナックルガードを付けても
以外と不自然さもありませんねドコモポイント

でも色々付けていくと
車体のボリュームのバランスが崩れるので

シュラウドとアンダーカウルの間の隙間感を
埋めてバランスを取ろうかと思った訳ですよドコモ提供

最初はエアロパーツを製作していた樹脂の板で
カウルでも作って隙間を埋めようかと計画していましたが

良い感じに隙間感を埋める
エンジンガードが売っていたので使ってみましたドコモポイント

車体も守られて隙間感も埋められるので一石二鳥ですよドコモポイント

新しいスクリーンの適合情報などは
近いうちにGSX-S125の専用ページに掲載したいと思いますドコモポイント




シモケンサイズに戻る
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ