シモケンサイズに戻る

2017年05月17日

GSX250Rとウイングレットとダウンフォースと・・

スポンサードリンク



GSX250R
去年モトGPで大流行したウイングレットの使用を
今年から禁止した事で
カウルの内側をウイングの構造にする
「隠しウイング」というやり方が
今年のモトGPでは支流になりつつある今日この頃ですが・・ドコモ提供

スズキのモトGPマシンであるGSX-RRもそうなんですが
GSX250Rも実はカウルの内側が
ウイングのような構造になっているのですよドコモポイント

GSX250R
ここのカウルの内側がウイングの効果がありそうな
形状になっているんですよドコモポイント

GSX250R
見かけだけのただのデザインかと思いましたが
カウルを外してみて分かったのですが
ちゃんと空気が流れるようになっているんですよドコモポイント

gsx250r-20170517-5.jpg
後にもウイングのような物が付いているので
GSX250Rはもうウイングだらけなんですよドコモポイント

これだけ空力を利用した構造なのに
恐ろしいくらいにローギヤードなギア比なので
時速136Kmで6速のレッドゾーンに入るんですよドコモポイント

ウイングの意味ねーじゃーんドコモポイント

手抜きしてGSR250のそのまんまのギア比なので
カウルの高い空力性能を全く生かせてないですねドコモポイント

ツメが甘いというかさすがスズキって感じですドコモ提供

写真でも写ってますが
立ちゴケ対策のカウルのバンパーとか
ヘッドライトバルブを簡単に交換する方法とか
GSX250Rの専用ページに掲載したので興味があったらどうぞドコモポイント




シモケンサイズに戻る
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ