シモケンサイズに戻る

2016年06月08日

アドレスV125S(CF4MA)のブレーキパッド交換作業 Vol.1

スポンサードリンク



address_v125-20160608-01.jpg
今日はアドレスV125のブレーキパッドを交換しますドコモポイント
交換するブレーキパッドはデイトナの赤パッド(79831)ですドコモポイント

ちょっと前に、PCXとリード125とアドレスV125の乗り比べを
やった時には特に何も思わなかったのですが

シグナスXやNMAXに乗ると、アドレスV125のブレーキは
壊れているんじゃないかと思うくらい効かなく感じてしまうので

ブレーキパッドを交換するだけで
どのくらいヤマハ勢に追いつけるのか試してみましたドコモポイント

address_v125-20160608-02.jpg
それではまずは交換作業から始めますドコモポイント
まずは矢印の六角穴付ボルトを外してキャリパーを外しますドコモポイント

address_v125-20160608-03.jpg
キャリパーが外れましたドコモポイント

address_v125-20160608-04.jpg
ブレーキホースがフックに引っ掛けてあるので外しますドコモポイント

address_v125-20160608-05.jpg
キャリパーを裏返してパッドを固定しているパッドピンを
緩める方向に回すとパッドピンをロックしている
Cリングも回るので、Cリングの隙間を手前に向けますドコモポイント

address_v125-20160608-06.jpg
Cリングの隙間に精密ドライバーのマイナスか
適当な工具を入れて外しますドコモポイント

address_v125-20160608-07.jpg
パッドピンを完全に外しますドコモポイント

address_v125-20160608-08.jpg
ブレーキパッドが外れる状態になったので
くるっと半回転させて外しますドコモポイント

address_v125-20160608-09.jpg
奥にあるピストン側のブレーキパッドはそのまま外れますドコモポイント
つづく〜ドコモポイント



アドレスV125S(CF4MA)のブレーキパッド交換作業 Vol.2

スポンサードリンク



address_v125-20160608-10.jpg
アドレスV125のブレーキパッド交換の続きです・・
ブレーキパッドが外れたので新しいパッドに交換しますドコモポイント

純正のブレーキパッドの金属プレートを
新しいブレーキパッドに移しますドコモポイント

address_v125-20160608-11.jpg
金属プレートとブレーキパッドの間に
耐熱グリスを塗ることで固着を防げますドコモポイント

address_v125-20160608-12.jpg
金属プレートが移植できましたドコモポイント
パッドとキャリパーが触れる所に耐熱グリスを塗りますドコモポイント
グリスを塗るとブレーキの鳴き防止だけでなく
ブレーキのフィーリングも向上しますよドコモポイント

address_v125-20160608-13.jpg
ブレーキパッドをキャリパーにセットしたら
ぎゅーっと両手の親指でパッドを押し込んで
キャリパーのピストンを戻しておきますドコモポイント

address_v125-20160608-14.jpg
最後に手前側のブレーキパッドを付けて
パッドピンを元に戻しますドコモポイント

パッドとパッドの隙間にブレーキディスクを噛まして
キャリパーを元に戻し、ブレーキホースをフックに固定し直して
右側のブレーキレバーを数回握って
キャリパーのピストンを元に戻せば作業終了ですドコモポイント

address_v125-20160608-15.jpg
パッドの赤がちらほら見えて微妙にカスタム感も出てますドコモ提供

今回、少しお金をケチって赤パッドにした訳ですが
肝心なブレーキの効きは、ゴールデンパッドみたいに
分かりやくガツンと効く感じではなく
純正パッドに近いようなフィーリングで
コントロール性を重視したパッドですねドコモポイント

それでも純正パッドと比べると確実に効きは良くなりましたが
シグナスXやNMAXのようなブレーキの効き方にするなら
やっぱりゴールデンパッドを使うしかないですねドコモ提供

 




シモケンサイズに戻る
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
車種
過去ログ
Powered by さくらのブログ