シモケンサイズに戻る

2016年06月06日

Z125 PROの最高速テスト

スポンサードリンク



z125_pro-20160606-1.jpg
え〜、今回はZ125の最高速度をテストしてきましたドコモポイント

車体の方も色々パーツを取り付けているんですけど
やっぱりシュラウドのステッカーって
貼らない方がカッコ良いと思うんですけどどうでしょうか・・ドコモ提供

狭い面積の中で高密度にステッカーが貼られているのが
どうも不自然というか・・
特に赤字で書かれた「PRO」のステッカーが
残念というかダサいというか・・ドコモ提供

z125_pro-20160606-2.jpg
身体を伏せない状態で時速96Km/hを記録しましたドコモポイント
ホンダのグロムより1〜2Km/hほど速いですね・・

しかし、どうしてMT車は同排気量のスクーターよりも
遅いんでしょうかね・・ドコモ提供

エンジンスペックでは、Z125もグロムも
ヤマハのシグナスX SRとほぼ同じはずなのに
最高時速が6Km/hほど遅いんですよドコモ提供

グロムはタコメーターのレッドゾーンがそもそも低いので
少しギア比が重くなっていますが
Z125とシグナスXとでは、ほぼ同じエンジン回転数だったので
ギア比の問題とも思えませんドコモ提供
後はもう空気抵抗の違いとしか思えないのですよドコモ提供

z125_pro-20160606-3.jpg
そこで身体を完全に伏せて走ってみると
シグナスX SRと全く同じ最高時速の101Km/hを記録しましたドコモポイント

ちなみにシグナスX SRで身体を伏せても時速1〜2Kmほどしか
速くならない事はテスト済みなので
最近流行りの燃料タンクよりヘッドライトが低い
ストリートファイター系のバイクでは
人間に対しての空気抵抗が相当大きい事が分かりますねドコモポイント

つまり、ネイキッドよりスクーターの方が速い理由は
空力性能的に優れていたからですねドコモポイント

これだとたぶん、ストリートファイター系のバイクは
メーターの所にスクリーンを取り付けるだけで
簡単に最高時速を上げられそうですねドコモ提供
Z125の詳細は専用ページに載せていますよドコモポイント




シモケンサイズに戻る
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ