シモケンサイズに戻る

2014年10月09日

HONDA NM4-01 インプレッション1

nm4-2014-10-08-01.jpg
え〜、ホンダのNM4-01に乗ってきましたドコモ提供
今年のモーターサイクルショーで
ひときわ異彩を放っていたNM-4ですが
会場からそのまま走ってきたような
未来を感じさせる斬新な
デザインが特徴ですねドコモポイント

エンジンやトランスミッションは
同社のNC750シリーズと同じで
750ccのDCTですドコモ提供

nm4-2014-10-08-03.jpg
リアタイヤが半端なく太く
タイヤ幅はなんと200ミリですよがく〜(落胆した顔)

この低い車体と太いリアタイヤが
AKIRAのバイクを連想させますドコモポイント

nm4-2014-10-08-06.jpg
手前に大きく伸びたハンドルバーと
低いシート高で、運転姿勢はまさにアメリカンドコモ提供
車重は重いんですけど
足つきが良いので安心感は高いですドコモポイント

コーナーリングもNC750Sとは
全く違っていて、スローリーに
まったり大回りする感じで
まっすぐに直進する事を得意としたバイクですドコモポイント

nm4-2014-10-08-08.jpg
アメリカンの姿勢に慣れていないので
足を伸ばして乗るクセがなく
リアブレーキペダルが遠く感じましたドコモ提供



HONDA NM4-01 インプレッション2

nm4-2014-10-08-05.jpg
とにかくシートの幅が半端なく
たぶん、今まで乗ってきた
どのバイクよりも大きいですねドコモポイント
これだと一日中乗っていても
お尻が痛くならないかもドコモポイント

nm4-2014-10-08-04.jpg
タンデムシートはキーを挿すことで
立てる事が出来ますドコモ提供
シートを立てるだけなのに
いちいちエンジンを切る必要がありますドコモ提供

nm4-2014-10-08-07.jpg
サイドブレーキはNC700シリーズとは違って
車体左側の離れた所にありますドコモ提供
これもデザインを重視したのか
遠くて使いにくいのですが
サイドブレーキを掛けた後には
なぜか、ドヤ顔をしたくなりますドコモポイント

nm4-2014-10-08-09.jpg
メーターパネルはなんだか
空を飛びそうなデザインですねドコモポイント

nm4-2014-10-08-10.jpg
トランスミッションを
マニュアルモードやSモードに変える事で
バックライトの色が変わり
どのモードで走っているのかが
非常にわかりやすいですドコモポイント
バックライトの色は好みで変える事も出来ます。

nm4-2014-10-08-02.jpg
NC750Sと全く同じエンジンとミッションですが
走った時の印象が、全く別のバイクだった事が
不思議でしたね〜ドコモポイント

実用的な事を考えると
NC750シリーズと比べて、燃料タンクのサイズが
11リッターと若干小さくなっていたり
収納スペースは縮小されていて
ヘルメットが収納出来ないのはもちろんですが
左右に小さなポケットしかなかったりと
デザインの為に
犠牲になっている所がありますドコモ提供

せっかくシートに背もたれがあるのに
リュックを背負うと台無しなので
個人的には収納スペースを充実させた
NM4-02を選びたいですねドコモ提供
こういうデザインのバイクを
思い切って発売してくれた所に
敬意を払いたいですねドコモポイント




シモケンサイズに戻る
<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ