シモケンサイズに戻る

2014年09月04日

YAMAHA MT-07 インプレッション1

mt-07-2014-09-04-01.jpg
今年はヤマハが来てますね〜ドコモポイント
今回はMT-07に乗ってきました。
個性的な3気筒エンジンと圧倒的なスペックで
登場したMT-09と比べてしまうと
その廉価版みたいな感じで
どうしてもMT-07は平凡に見えてしまいますが
個人的にデザインではMT-09よりも
07の方が格好いいと思いましたドコモポイント

MT-07のライバルはMT-09ではなく
やっぱりエンジンや価格から見ても
ホンダのNC750Sでしょうねドコモポイント
MT-07の排気量は689ccなので
NC750Sよりも700Sに近い感じですね。

mt-07-2014-09-04-03.jpg
NC750Sと比べてみると
MT-07は、なんといっても車体重量が軽く
NC750Sよりも35Kgも軽いのですドコモポイント
MT-07を運転していると250ccのバイクに
乗っているんじゃないかと
錯覚してしまうほどでしたドコモポイント
MT-09もSSのバイクに近い感じの
コーナーリングでしたが
MT-07は、09をさらに鋭くした印象で
嫌でもその気にさせられる感じがしましたドコモ提供
NC750Sのまったりとした
コーナーリングとは全く別物です。

普段、実用的に乗るにあたっては
NC750Sの収納スペースを選ぶのか
MT-07の軽さを選ぶのか・・
悩む所だと思います。ドコモ提供



YAMAHA MT-07 インプレッション2

mt-07-2014-09-04-04.jpg
NC750SとMT-07で、エンジンを比べてみると
メーターのレッドゾーンを見ても分かる通り
MT-07は、1万回転まで回せますドコモポイント
それに対して、NC750Sは6500回転です。
この二つのエンジンの違いを分かりやすく表現すると
MT-07がガソリンエンジンとしたら
NC750Sがディーゼルエンジンですねドコモポイント

MT-07はレッドゾーンに向かって
どんどん刺激的に加速していくのに対し
NC750Sは、停車時からの加速で
いきなりドカンと力強いトルクを感じますが
レッドゾーンまで加速感が一定ですドコモ提供

NC750Sよりも明らかにMT-07が速いんで
スペック表を見なくても分かります。
もちろん燃費性能ではNC750Sに
大差で負けると思いますが・・
その加速力は「MT-07で十分じゃないか・・」
と、MT-09を諦めさせてくれるほどでしたドコモ提供
ちなみにクラッチだけで発進させる
エンストのテストをしましたが
NC750Sと比べるとエンストしやすいですねドコモ提供
もちろんクラッチだけでスタート出来ますが
やらない方が良いでしょうドコモ提供

少しでも臨場感を伝える為に
MT-07の排気音を録ってきましたドコモポイント

mt-07-2014-09-04-02.jpg
MT-07のまとめドコモポイント
軽くて速くて安くてカッコイイ!ドコモポイント
正直、私の理想にかなり近いバイクでしたドコモ提供
無理を言えば、MT-09のスペックで
デザインがMT-07が理想的かなドコモ提供
NC750Sを意識したのか、排気量の割には
699,840円という低価格な所も憎いですねドコモポイント
しかし・・MT-07で一番気になった所で
しかも致命的だと思ったのは
ステップの位置でしたドコモ提供
ちょうど足にドンピシャで
当たる位置にあるので
運転している時には問題ないのですが
信号待ちの時にストレスを感じましたドコモ提供
MT-09の影に隠れて
いまいちインパクトが弱いMT-07ですが
予想を超える良いバイクでしたドコモポイント




シモケンサイズに戻る
<< 2014年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ