シモケンサイズに戻る

2017年10月16日

MC51 CBR250RR 最高の排気システムを求めて・・

スポンサードリンク



CBR250RRアクラポビッチ
インスタ映えしそうなアクラポビッチの
エキゾーストパイプなんですが・・ドコモ提供

CBR250RRを最高のエキゾーストシステムにするには
ただ単にこの美しいアクラポビッチのエキゾーストパイプと

サイレンサー部分を買って付ければ良いだけの事で
非常に簡単な事なんですけど・・ドコモ提供

ただ、アクラポビッチを採用するにあたり問題になるのは
やはりレース直系のマフラーなので爆音すぎる事ですドコモ提供

アクラポビッチのフルエキでそのまま公道を走ろうものなら
人間性を疑われてしまうほどの行為ですよドコモ提供

理想を言うなら保安基準に通るフルエキゾーストの
アクラポビッチのマフラーが欲しい所なんですが
そんな物は存在していない訳ですドコモ提供

だからその理想を実現してみようと思いますドコモポイント

mc51-cbr250rr-20171016-2.jpg
アクラポのエキパイは明らかに触媒が着いていなくて
見るからに爆音そうなんですが・・ドコモ提供

でもこの美しくて軽量なアクラポビッチのエキゾーストパイプは
どうしても使いたいですよね・・ドコモ提供

それにあたり問題となるのは
触媒レスもそうなんですが
CBR250RR純正のエキゾーストパイプと比べると
全長が長いので

例えばCBR250RRの純正のサイレンサーと
アクラポビッチのエキゾーストパイプという組合せは
出来ないのですドコモ提供

まあ切っちゃば長さの問題は解決出来ますが
サイレンサーとの接続部分あたりは純正と比べて
よりストレートなレイアウトになっているので
まあ付かないと思われますドコモ提供

mc51-cbr250rr-20171016-3.jpg
アクラポビッチのエキゾーストパイプを使うには
社外品のサイレンサーをこのように
ダイレクトに取り付ける必要がある訳ですドコモ提供

写真では接続出来ている感じに見えますが
アクラポビッチのエキゾーストパイプの太さは
純正のエキゾーストのガスケットの分厚い部分より
さらにもうひと回り太いので
なかなか合うマフラーがないですね・・ドコモ提供

mc51-cbr250rr-20171016-4.jpg
でもついにアクラポビッチのエキパイと
接合出来るマフラーを抱える在庫の中から
見つけだしましたドコモポイント

まず抜けの良すぎるエキゾーストの音を抑えるには
JMCA(政府認証)のマフラーが必須ですし

触媒の問題は
元々エキゾースト部分に触媒がない車種の
マフラーを使う事で

サイレンサー部分に触媒が内蔵されているので
これでもちゃんと公道仕様の証である
触媒が着いている訳ですよドコモポイント

アクラポビッチの美しいエキゾーストをまといながらも
保安基準に準ずる排気音というか

エンジンに火を入れるまでは結構ドキドキでしたが
バッフルが着いている状態だと走行音は
ぶっちゃけ純正マフラーよりも静かだったので
安心しましたドコモ提供

エキゾーストの詳細は研究結果がまとまり次第
CBR250RRの専用ページに近々載せたいと思いますドコモポイント




シモケンサイズに戻る
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
車種
検索ボックス
 
過去ログ
Powered by さくらのブログ